第4回

読みやすさを高める文章フォーマット
工学コミュニケーションの基礎(TW04)

黒田 聡

 文章フォーマットを整える目的は、読み手に伝えるべき内容を効果的に見せることです。表現に統一感や一貫性を持たせると、読みやすくなります。意味の区切りを視覚的に表現すると、書き手の意図どおりに文脈を読み取りやすくなります。
 人間の認知では①色、②視覚、③論理の順に影響力が強くなります。①と②で刷り込まれた認知を、③で修正することは苦手です。逆に①で重要性を示し、②で関係性や文脈を示しておくと、③を理解しやすくなります。認知の仕組みを活用して文章フォーマットを整えることを、コミュニケーション技法では表現設計と呼びます。意識して教科書の練習問題を書いてみましょう。

興味を持った方は、下記も読んでみましょう。
テクニカルコミュニケーションの基礎(2019)第5回
参照箇所は教材B:事例
参照箇所は教材C:副教材

テクコミュ190523_教材ABC.pdf

質問を残す

質問は承認されるまで公開されません。[質問を送信]ボタンを押して画面が変われば投稿できています。