第3回

読み手に伝わる文章のテクニック
工学コミュニケーションの基礎(TW03)

黒田 聡

  

 読み手に伝わる文章を書く目的は、読み手の理解や行動に変化を与えることです(書き手側視点)。娯楽目的で読む文学作品とは違って、技術文書やマニュアルは目的達成に必要な意思決定や手順理解に役立てる手段として読まれ、役に立てば満足します(読み手側視点)。
 書き手と読み手、双方の目的を達成できる文章を書くテクニックの集大成がテクニカルライティングです。教育訓練で習得できる技術として産業人も学んでいます。指定教科書や下記教材に書かれているテクニックを使って、目的を果たせる文章を書いてみましょう。

興味を持った方は、下記も読んでみましょう。
テクニカルコミュニケーションの基礎(2019)第4回
参照箇所は教材Cの7ページから18ページ:

テクコミュ190516_教材ABC.pdf

質問を残す

質問は承認されるまで公開されません。[質問を送信]ボタンを押して画面が変われば投稿できています。